| トータル:8210 | 今日:1 | 昨日:11 |

首都圏外からの入学者への支援制度を新設した…「関東鍼灸専門学校」…資料請求はこちらから

第20回記念大会の日程が決定しました。

千葉市内各区の選抜チームと習志野市選抜、佐倉市選抜の小学6年生の
8チームが優勝を目指して戦います。

第19回の優勝は美浜区選抜チームでした。
20回大会はどこが優勝するのでしょうか



「千葉マリーンズ杯争奪選手権大会」とは?


 千葉マリーンズ杯争奪選手権大会は、スポーツで子供達の健全な心と体を育てたいという思いから、青少年スポーツ活動への支援・助成アクティビティとして千葉幕張メッセライオンズクラブが主催、千葉少年軟式野球協会の主管で、1998年に第1回大会を開催して以来、千葉幕張メッセライオンズクラブの主要なアクティビティになっています。

 ライオンズクラブの会員数減少は私たちのクラブにも及んでいますので、事業資金が減少するなかで、毎年 千葉ロッテマリーンズ様・検見川神社様ならびにメンバー企業様からのご厚志をうけて、野球少年たちの夢のため継続しています。
プロ野球の千葉ロッテマリーンズがホームグラウンドとして使っている、憧れのZOZOマリンスタジアム(旧称 千葉マリンスタジアム)でプレーが出来るとあって、本大会は野球少年たちの目標になっています。

 小学6年生の選抜チームによる大会ですが、出場するチームは、千葉市の6区連盟選抜チーム6チームと、習志野少年野球連盟(第8回大会より参加)、佐倉市少年野球連盟佐倉支部(第16回大会より参加)の各1チーム、合計8チームによるトーナメント戦で行われています。※第14回・第15回大会は市原市少年野球連盟が参加しました。

QVCマリンフィールド

閉会式スコアー


第20回 千葉マリーンズ杯争奪選手権大会実施要項


会場のぼり

■ 主 催  千葉幕張メッセライオンズクラブ
■ 主 管  千葉市少年軟式野球協会
■ 後 援  千葉市千葉市教育委員会㈱千葉ロッテマリーンズ
       習志野市少年野球連盟・佐倉市少年野球連盟佐倉支部 予定
■ 協 賛  株式会社ジェイコム千葉セントラル、あさひふれんど千葉
       トップインターナショナル株式会社
       下総之國 神祇三社 検見川神社 予定
■ 開催日  平成29年9月16日(土曜日)・平成29年9月17日(日曜日)
■ 開催場所 ZOZOマリンスタジアム
■ 大会方式 千葉市少年軟式野球協会所属区連及び習志野市野球連盟ならびに
       佐倉市少年野球連盟佐倉支部所属の選抜選手の8チームによる
       トーナメントとする。
■ 選抜人数 それぞれ1チームとする。
       各チームより18名ずつを選抜して、合計144名とする。
■ 出場資格及び選抜方法
        1)千葉市少年軟式野球協会及び習志野市少年野球連盟ならびに佐倉市少年野球連盟
          佐倉支部に登録している 6 年生に限る。
        2)各チームは5単位団体以上より選抜する。
        3)スポーツ安全保険に加入していること。
■ 試合規定 2017年度公認野球規則及び別に定める大会運営規定を適用する。
        但し、ユニフォーム、帽子、ヘルメットは各所属チームのものを使用する。
■ 試合球  全日本軟式野球連盟公認C球
■ 審判員  千葉市少年軟式野球協会登録審判員及び習志野市少年野球連盟ならびに
       佐倉市少年野球連盟佐倉支部登録審判員
■ 表 彰  優 勝、準優勝、第3位(2チーム)、出場記念(4チーム)

第20回 千葉マリーンズ杯争奪選手権大会運営規程

1. 本大会の運営は、公認野球規則(日本野球規則委員会)、競技者必携((公財)全日本軟式野球連盟)、千葉市少年軟式野球協会大会運営規定に従う他、以下の運営規定に従う。
2. 本大会に出場できるチームは、千葉市少年軟式野球協会所属区連の選抜選手により構成されたチームおよび協力市少年軟式野球連盟所属の選抜選手により構成されたチームとし、選手登録人数は18名以内とする。(抽選会後の変更登録は認めない。)
3. 出場チームは、試合開始予定時刻1時間前までに試合場に到着し、大会役員に届け出ること。
4. 出場チームが、試合開始予定時刻までに到着しない時は、原則として棄権とみなす。(大会本部で決定する。)
5. 千葉市少年軟式野球協会所定のメンバー表に、氏名はフルネームでふりがなを付して記入し、4部を大会本部へ提出する。
6. 試合中ベンチに入れる人数は、監督、コーチ3名、スコアラー1名、介護員の女性2名の計7名とする。(指導者の変更は事前に了解をとること。)
7. 試合時間は、1時間45分とする。但し、1時間40分をすぎたら新しいイニングに入らない。
8. 試合は、時間内7回戦とし、延長は時間内9回までとする。終了時同点の場合は抽選とする。
9. 投手一人の投球回数は2イニングとする。
10. ベンチ入りした登録選手は必ず一度、打席および守備に出場すること。
11. 塁間は23メートル、本塁から投手板までの距離は16メートル(公認野球規則)とする。ベースは移動ベースを使用する。
12. シートノックは、1チーム5分以内とし、ノッカーに対する背後からのボールの手渡しは、危険防止の為、禁止する。捕手(控え捕手も含む)は、マスク(スローガ―ド付)、レガース、プロテクター、ヘルメットを使用すること。投球練習時も同様とする。ファールカップ着用。
13. ベンチは、抽選番号の若い方を一塁側とする。攻撃順は、メンバー表提出時に決める。
14. 背番号については、監督30番、コーチは29番、28番、27番とし、選手は1番から18番までとする。主将は10番とする。
15. 試合中抗議のできる者は、監督と当該選手とする。試合中のタイムは5回(攻守合せ)以内とし、スピーディーな試合進行に協力すること。但し選手交代の場合は含まない。
16. 準備投球は5球以内、救援投手および2回以降は3球以内とする。
17. ファールボールは、一塁側方向は一塁側ベンチが、三塁方向は三塁側ベンチが処理する。
18. 各チームの応援団、ベンチは相手チームの気分を害さないよう少年野球に相応しい応援で望むこと。 
19. 応援については、チーム監督が責任をもつ。特に選手、審判等に対する野次、その他、品位を欠く言動は厳に慎むこと。違反した場合は必要な処置をとる。
20. 試合球は、全日本軟式野球連盟公認球「C号球」とし、金属バットは「JSBB」マーク入りの公認のものを使用し、一体化されたもののみとする。
21. ヘルメットは「JCBB」マイク入りで両側にイヤーラップの付いたものを用意し、打者、次打者、走者、ランナーズコーチャーおよびボールボーイが着用すること。
22. 選手の手袋使用は認めるが投手の手袋使用は認めない。
23. 選手、指導者のリストバンド等の使用は認めない。またサングラス等の着用は、原則認めない。
24. 審判は、千葉市少年軟式野球協会および協力市少年軟式野球連盟所属の審判員が行う。
25. 試合を行うチームは、救急箱を必携すること。また、ゴミ袋を用意し、使用球場の美化に努めグランドの整備も行う。
26. チームの責任者は、各区会長とし上記運営規定を「厳守」すること。

ウイニングラン



貴社も大会スポンサーになりませんか?

あなたも「千葉マリーンズ杯」の大会スポンサーになりませんか。当日発行される大会プログラムに貴社の広告を掲載いたします。広告サイズ、スポンサー料などの詳細についてはお問合せフォームより、お問合せください。



後援・協賛社のホームページへのリンク

メッセLCのHP 

メッセLCのFacebook 

ロッテマリーンズ 

検見川神社



プログラム協賛広告社へのリンク集






ライオンズクラブ国際協会333-C地区6リジョン1ゾーン

千葉幕張メッセライオンズクラブ事務局

千葉幕張メッセライオンズクラブ
〒262-0023 千葉県千葉市花見川区検見川町2丁目469−1
TEL.043-305-5051   FAX.043−305-5055


千葉幕張メッセLC
千葉幕張メッセライオンズクラブ事務局です。クラブハウスも兼ねています。

©千葉幕張メッセライオンズクラブ / 千葉マリーンズ杯実行委員会